宮城 仙台の小児オステオパシー内田治療院

オステオパシーとは

  • HOME >
  • オステオパシーとは

about

オステオパシーはアメリカで確立された医学

オステオパシーとは1874年にアメリカのATスティルという医師により確立された医学です。

オステオパシーは原則として身体は一つの「ユニット」であると捉え、構造と機能(骨格と内臓)は互いに関連し、自己管理能力をもっているとされています。

筋肉の緊張や骨格の歪み及び神経や靭帯等に様々なストレスが加わることで、「第一次呼吸システム」に制限がかかり、身体の血液、リンパ液、脳脊髄液の循環に悪影響を及ぼし、その結果が病気の原因となると考えました。

「第一次呼吸システム」とは肺呼吸とは別の呼吸で全身機能を調節する中枢神経系固有の動きで身体の膨張と収縮を促す呼吸システムの事を言います。

ゆえにこれらの身体を流れる体液の流れを正常な状態に戻すことで、体液循環を回復させ身体が本来持っている自然治療力を引き出す技術がオステオパシーなのです。

どのような人が施術するといいのか

  • どこの治療院に行ってもなかなか治らない
  • 原因がわからない
  • 病院で歳だと言われて諦めている
  • 治療を続けているが改善がみられない
  • もう強いマッサージやボキボキなどされるのは嫌
  • 自分の症状がどこに行ったらいいかわからず悩んでいる
  • 短い回数で治したい
  • 長い間整形に通ってるけど治療が毎回同じでなかなか痛みが取れない
  • 慢性的な症状でもう治らないと諦めている
  • マッサージをしてもその時だけで次の日には元に戻っている
  • 症状に対しての詳しい説明をしてもらえない

当院では上記の様な症状で悩まれてる方に対して、先ず問診、視診、オステオパシー的検査などをしっかり行い何が原因で痛みが出ているのかを考え治療していきます。
このような方は是非、お気軽に当治療院へご相談にいらして下さいね。

オステオパシーの適応症状について

運動器系

腰痛 肩こり 寝違え 鞭打ち 五十肩 膝痛 足首捻挫 股関節痛 腰椎椎間板ヘルニア 骨格 骨盤のゆがみ 関節リウマチ

神経系

坐骨神経痛 偏頭痛 四肢のしびれ 自律神経失調症 不眠 めまい 不安 脳血管障害後遺症

消化器

食欲不振 便秘 下痢 逆流性食道炎 ストレス性胃炎 腸炎

婦人科系

生理痛 生理不順 月経前症候群 更年期障害 卵巣嚢腫 子宮筋腫 不妊症

小児科系

てんかん 小児ぜんそく 夜尿症

※上記の症状の他にアトピー性皮膚炎、気管支ぜんそく、甲状腺機能異常、動悸、不整脈なども治療対象となります。
但し症状が重度な場合やオステオパシー治療が禁忌と判断した場合は、先に専門の医師によるメデイカルチェックを受けることをお勧めしております。

オステオパシーの施術について

西洋医学が血液検査や画像診断を判断の材料とするのに対し、オステオパシーは検査から治療までのすべてを術者の手だけを使って行います。

患者さんの悪い部分(病変)を見つけることではなく、症状が改善される良い部分(健全、健康)を探し出そうとするところがオステオパシーの最大の特徴になります。

たとえば、腰痛でも腰のどこが痛むのか?問診から触診までの検査をしっかり行い、その問題が筋肉、関節、神経、血管、内臓なのかを判断し治療を行います。

仮に腰痛の原因が内臓にあるとしたら、その内臓の問題がどこの部位を治療すると改善されるのかを見つけてあげることが大変重要なんですね。

小児オステオパシーについて

赤ちゃんにとって出産とは人生で一番初めの闘いです。

お母さんの産道を通って生まれてくる時、赤ちゃんの頭の骨は狭い産道を通りやすくするため重なりサイズを小さくして通りやすい形を作ります。出産後に頭の骨は徐々に元の位置に戻るのですが時にうまく戻れず身体の歪みを残したまま成長していく事もあります。

オステオパシーでは早い段階で身体を整えておく事で大人になってからの問題を少なくしその後の人生を幸せなものにすると考えています。

日本では出産後の小児オステオパシーの認知度は低いですがヨーロッパなどでは出産後のオステオパシーは今では当たり前の様に行われております。

又出産後のママさんのお身体も同様に出産する時に広がった骨盤が徐々に正しい位置に戻れずその後に様々な不定愁訴を起こす事も同様に早めにオステオパシー施術により正しい身体構造に戻してあげる事で改善される事を知って頂ければと思います。

指圧・整体・鍼(ハリ)など他の施術との違い

指圧・整体・鍼もそれぞれ素晴らしいものなので一概には言えませんが、オステオパシーは今ある症状がどこを治療すれば、その症状が改善されるのかということを患者さんの身体からの情報を頼りに治療するという点が、指圧や整体、鍼治療とオステオパシーの違いになると思います。

肩が痛いからと言って肩を押したりせず、患者さんの身体からの情報を頼りに「肩を痛くしている部位(原因)」を探り出し、治療を行っていきます。

また、背骨が歪んでいるから真っ直ぐにして欲しいとよく言われますが、オステオパシーでは真っ直ぐにする事が一番重要とは捉えません。

なぜなら背骨が歪むには「歪まなければいけない原因」があり、その状態で身体はバランスを取っているのです。
ですのでオステオパシーでは背骨を真っ直ぐにすることよりも歪んでいる原因を見つけ、問題を解決することにより関節に遊び運動が復元し、弾力性が回復することで神経の圧迫から解放され動きが楽に出来るようにさせるのです。

オステオパシーで最も大事なことは、テクニックではなくその哲学にあると思います。
指圧・鍼・整体でも、名人といわれる方々はどこを治療すると今の苦しみから解放されるのか感じて治療していらっしゃいます。
オステオパシーの哲学は、治療の種類を問わず、全て通じる部分があるのではないかと思います。

診察料・キャンセルについて

診察料

【 0歳~中学生まで 】
●初回、2回目共に5,000円

当院では、中学生までの施術料金を安く設定させて頂いております。
その理由としては、出産から14歳頃までの期間が人間の成長にとってとても大切な時期となり、その時点で解決されなかった症状は大人になって現れてきます。その為子供たちにオステオパシー施術を受けて頂きたく上記の設定になっております。
詳しくは「小児」をご覧ください。

【 高校生以上の大人 】
●初回 15,000円
●2回目以降 10,000円

【 ファミリー施術(お母さん+6歳までのお子さん) 】
●初回 15,000円
●2回目以降 10,000円

※6歳位までの子供の治療に関しましては、お母さんも一緒に治療を受けて頂くのが当院の方針となっております。
詳しくは、当院のブログ「子供の症状と母親との関係性」をご覧下さい。

キャンセルについて

キャンセルされる場合は事前にご連絡くださいませ。
当日連絡無しでのキャンセルは100%キャンセル料金が発生いたします。

ご予約・お問い合わせはこちら>>

PAGETOP
© 2015 koji uchida All Rights Reserved.