皆さんこんにちは!
オステオパシー内田治療院の内田です😃
先日仕事が終わり、自宅でビールをチビチビやりながらテレビを観ていたら
フィギュアスケートで活躍された村主選手が出ていました
そこで、『ゾーン』の話になり
司会の方が村主選手はゾーンって感じた事あります?って問いかけた所
村主選手は、はい!ありますと
世界選手権だったかどうかは忘れましたが大きな大会で競技中に、
突然透明なバルーンで包まれている様な感じになり
お客さんが沢山いて歓声も凄い筈なのにバルーンの中はとても静かで、とても落ち着いているんですよ~と
その瞬間、🍺を持つ手は止まりテレビに向かって
それは、バイオダイナミクスと同じだーと1人で叫んでいました😅
そうです!正に村主選手はフルイットボディに包まれて静寂の中自然と同化してその時は滑っていたのでしょうね!
よくスポーツの世界でもボールが止まって見えたとか武道の達人なんかは相手が動く前に技が分かってしまう等聞いた事があると思いますが
それは恐らく調子が良い時、つまりは身体がニュートラルでより自然と繋がりやすい状態の時に起こっていたのでしょうね。
オステオパシーバイオダイナミクスは常に健全にアクセスし身体がニュートラルになり本来の自分を取り戻し気付きを与えてくれる物となります。
オステオパシー内田治療院
院長 内田 好治
当院ホームページ