先日治療を受けた患者さんにお逢いした時に言われた一言
前回の治療を受けてから私なんだか『大きくなった気がするんだけど』(笑)
私はこの時心の中でニコリと微笑んでいました。
良く治療を受けた後に患者さんが、
あれ、先生!こんな所に観葉植物ありました?
とか、こんなにここスペース広かったでしたっけ?
等云われます。
それだけ皆さん治療を受ける前は心のスペースが無くなっているんですよ
目で見る視野では無く感覚の視野ですよね。
治療を受けて身体がニュートラルになり心の様々な解放が行われると感覚の視野が広がります
これが一番大事なんだと思います。
スペースが無く閉じ込められている状態では常にイライラ、焦り、不安、等があり
解放されスペースが広がったとたん、心に余裕ができ、落ち着き、正しい判断が下せるようになるのだと思います。
この患者さんは治療を受けてから10日ほどたってお逢いしたのですがまだ大きな感覚は続いている様です。
昨年12月のガッサー先生の『胚は拡大する塊』
産まれた後大人になっても成長し続けると言う言葉の意味を少しだけ感じられたひと時でした。
やはり私達の先生は患者さんなんですよね~^_^
私に身体を預けて下さる患者さんに感謝です。
オステオパシー内田治療院
院長 内田 好治
当院ホームページ