20代 女性
主訴 出産後の腱鞘炎
出産後に赤ちゃんを抱っこして徐々に左手首が痛みだす
誤魔化しながら我慢していたが、髪の毛を洗う時も手首の痛みが酷くなり
知人の紹介により当院を受診される
手首を診てみると、左手首が異常に腫れ上がっており
相当な苦しみだったと思われます
問題は何故左手首だけなのか?
何故腫れ上がっているのか?
それを調べみるために手首を見る前に
全体を傾聴し患者さんの身体からの指示に従いながら治療を進めていく
すると、左鎖骨下のリンパの流れに制限を感じる
そこの制限が解除される箇所を探すと腰痛に意識が引かれる
腰痛の制限が解除されると数珠繋ぎ式に解放が進んでいき
左鎖骨下のリンパの流れが良くなっていくのを手で感じる
その後、全体をリバランスして再度手首を診てみると
腫れが引いていて左右同じ感じになっていたので
患者さんに確認してもらう。
その後、まだ動かすと痛みがあったので
誇張法にて手首の手根骨を治療
全ての関節が解放されたのを確認し
再度動かして貰うと痛みが無くなっていたので
患者さんも驚きと喜んでくれていたのでこちらも嬉しくなりました。
治療後、お話を聞いていると左乳腺炎もあり母乳が左だけでにくかったと言っていたので
それも左鎖骨下のリンパの流れが影響している事を告げる
この様に、症状の出ている箇所に原因があるとは限らないので
何故その様な状態になっているのかを考える事が一番大切だと改めて思いました。
オステオパシーという素晴らしい医療と症状を診せてくれた患者様に本当に感謝です!
オステオパシー内田治療院
院長 内田 好治
当院ホームページ
お問合せucchi_o@icloud.com
☎︎022-295-8050