当院ではオステオパシーという施術を行ないます

多くの患者様からどんな事をするのですかと良く聞かれます

そんな時決まって私はこう言います

身体の声を聴く施術です

すると、ほどんどの方がポカーンとして目が❔❔になってます(笑)

でも、本当に私は日々患者さんの身体からの声を聴いて施術してます

で、施術を受けられた患者様は(先生、凄く身体が楽になりました これは気功ですか)と尋ねます

私は、気功では有りません!オステオパシーという技術です!と答えます。

すると又患者さんの目は❔❔になります(笑)

当院で行うオステオパシーは関節を少しだけ楽な方に動かし

体内で起こる「機能と働き」を活発になるよう促します。

動かすと言ってもほんの数ミリだけなので患者さんからするとただ触ってるだけに感じられますが

動き出した治る力はとてもダイナミックでパワフルです

ここで、一番大事な事は患者さんの身体を尊重する事であり

我々術者は介入しない事です

介入しようとした瞬間患者さんからの情報は全てストップされます

術者は日々施術を行う事で、時に自分の方程式を組み立ててしまう癖があります。

このパターンの腰痛は腰椎4番と5番を緩めれば良いというふうに

しかしこれでは患者さんの身体の声を聴くどころか無視して自分本位に施術をしてしまい

本当の原因がわからないまま返してしまう事になります

私は問診や検査などである程度的は絞りますが

治療に入る時は患者さんの身体に「必要な情報を教えて下さい」と心の中でお願いします

そこで初めてその問題となっている症状が解決されるストーリーをみせてくれるのです。

腰椎ひとつとってもその原因は、

●足首の問題からなのか

●内臓由来のものなのか

●背骨の椎体の問題なのか

●脳の中枢神経由来のものなのか

●神経性のものなのか

●血管の圧力的な物なのか

●筋膜の捻れなのか

●発生学、胎生学的な問題なのか

等様々な問題が考えられます

腰が痛いから腰に原因があるとは限らず

本来の原因をみつけ問題を解決していく事で症状は治まって行くのです。

その全ての答えはあなたの身体が全ての情報を記憶しているのです

その事にいち早く気づいて頂き苦しみから解放される事を切に願います。

 

オステオパシー内田治療院

院長 内田 好治

image