当院で行なっているオステオパシー施術は、症状に対しての治療ではなく
原因に対しての治療を行います。
今回、東京からわざわざ当院のオステオパシー施術を受けに来て下さった方を例に説明したいと思います。
40代 女性
主訴 右足の拇指の違和感 腰痛 肩甲骨間の苦しさ
先ず身体全体を見てみると、右足のリンパ液の流れの悪さを感じたので、右足首の関節を調整
次に右骨盤が凹んで強く捻れているので骨盤の調整に入ると頭蓋骨の調整が先に必要だよと
患者さんの身体が教えてくれるので、その指示に従って頭蓋骨及び脳特に視床、視床下部辺りの
治療を進めていくと脳内の緊張が緩み自然と骨盤が調整される。
この時点で右足の拇指の違和感は骨盤の捻れにより右座骨神経が緊張しておこっていた事がわかる。
骨盤が整うと同時に右肋間部の緊張も緩み呼吸が楽になり肩甲骨間の筋肉の緊張が緩みだす。
最後に座位で骨格のバランスを整えると左骨盤の緊張も緩みだす所を見ると右骨盤の捻れが
いかに左骨盤に影響を与えていたかがわかる。
骨盤の捻れにより勿論骨盤内臓にも影響を与えていたのでその部分は治療済である。
このように症状に対してではなく症状が改善される場所を治療する事により状態が改善されるのです。
お身体の症状でなかなか改善しない等でお悩みの方は一度当院のオステオパシー施術を受けて見ると
改善のヒントがわかるかもしれませんよ。
悩まれている患者様のお役にたてればと思います。