8月4日(月曜日)
毎日暑い日が続いてますが皆さん夏バテなどしてませんか?
身体は季節によって変化します。
本来夏の時期は胸や肋骨が開き弾力性が増す事で熱を発散し体温を下げる事で夏の暑さに対応するのですが
冷房の効いた部屋でデスクワークに集中し、首は下がり背中が丸くなると
胸は閉じ弾力性が無くなり呼吸は浅く、結果みぞおち辺りが苦しくなり食欲が無くなる事で夏バテとなるのです。
又その様な姿勢が長く続くと汗を上手くかけなくなり熱が体内にこもり常に身体が暑く感じ、熱中症にもなりやすくなります。
そうならない為に一時間に一度は立って背伸びをして手を後ろで組んで天井を見上げる様なポーズを繰り返し行い矯正する事を心がけて下さい。
ただその際天井を見上げた時に立ちくらみをする人や首が後ろに行かないという人はそろそろ治療が必要な時なので、それも一つのバロメーターにしてみて下さい。
内田指圧治療院 オステオパシー施術所
院長 内田 好治