3月10日(月曜日)
昨日は岩手県陸前高田市で行われた東日本大震災犠牲者の追悼式に出席してまいりました。
陸前高田市はご遺族の方々の人数が多く全国にいらっしゃる事、追悼式を開催する場所が学校以外に無い事などの理由により3月11日に近い昨日に決められたそうです。
街並みは、確実に少しづつ復興して行ってます!
3年を迎えて思う事は、被災地の方でも身内を亡くされた方、友人を亡くされた方、家は無くなったけど家族全員無事だった方、家も家族も無事だった方、
それぞれ感じ方が違って来ているようです。
勿論、正しい答えなど無いのですが、身内を亡くされた方の心の復興は時を重ねる毎に辛く、悲しい物となっているようです。
母を亡くした妻の心のサポートを私はあの時心に誓いました。
死ぬまで私が生きている限り妻の心を支え、例え周りが10年後にまだ涙を流している妻をみて、いつまで悲しんでいる、と言われても
心の復興が来るその時までと。
地震発生後30分で襲った大津波
僅か15分で姿を消した陸前高田の街
ここで大事な事は、被災地を忘れない
特に何もしなくても、
被災地に足を運ぶ
被災地を想う
それだけでも良いような気がします。
震災で亡くなられた方々の心の復興が来る事を祈り続けます。
合掌
内田指圧治療院 オステオパシー施術所
院長 内田 好治