オステオパシーのセミナーで時折、空想の世界のお話をされる方がおられます。
勿論それはそれで良いと思います
しかしオステオパシーは空想の世界ではなく
現実の世界です。
患者様のお身体に触れ起こっている現実を皆が共有出来なければいけません。
その為には勿論それなりの訓練をしていかなければなりませんが、
努力すれば必ず共有出来るようになると思います。
だからオステオパシーはその起こっている現実を理論的に説明できる方から教わらなければ出来るようにはなりません。
脳脊髄液の流れ、リンパ液の流れ、血液の流れ、エネルギーの流れ等
これら全てにおいて皆が共有出来る様に説明しなければなりません。
それがわかっていないと空想の世界と結びつけ自分だけが特別な存在の様になってしまうと
それはオステオパシーではなくなります。
オステオパシーが世間で広がらない理由に
1、お身体の中で起こっている現実を診れない
2、その為に空想の世界と結びつけ解剖生理学な説明ができない
3、よって治療と言うより何か怪しげな感覚にとらわれる
これではオステオパシーは言葉だけが残りちゃんとした技術は残らないでしょう
その為に私も含め、お身体の中で現実に起こっている反応をしっかり診れるよう努力し、解剖学、生理学を勉強しなければなりませんね。
内田指圧治療院 オステオパシー施術所
院長 内田 好治