出産後にぎっくり腰をおこし少し側湾気味になり真っ直ぐ背中を伸ばせないとのことで来院

お身体を診てみると骨盤がとても硬く動きの悪さを感じる

骨盤の動きが良くなる箇所を感じていると頭部に意識がひかれるのでチェックしてみると

蝶形骨と後頭骨間の圧縮、後頭環椎間、左側頭骨の硬さがあったのでそれらをすべて解放

すると腰椎が伸びてくるのが感じられたので骨盤を再度チェックしてみると

随分と動きが良くなっていたので、再度全体を傾聴

すると左足首に問題を感じたので、足首の関節の1番硬くなっている箇所を誇張法で解放

立って動作確認をしてもらうと動きが随分と良くなっていたので

初日の治療はこれで終了

2度目に来院した時はまだ少し背骨の側湾があるものの動きは随分と良いとの事

2度目も同じく腰だけを診る事なく全体を傾聴して

治療が必要な箇所をチェックして治療

仙骨の柔らかさをつけるため体液の流れを感じ治療して終了

最後に動作確認をして貰うと今度は背骨も真っ直ぐになり弾力性も出て楽に真っ直ぐ伸ばせる様になり治療終了

オステオパシーでは背骨を真っ直ぐにする事に重点を置いておらずその椎骨に弾力性が復元されたかどうかを重要視します。

今回のケースは出産後のぎっくり腰ですが問題は頭を構成する骨組みにありました

この様に何が原因でその症状が出ているのかをしっかりと確認して治療しない事には症状の改善にはつながりません。

1人でも多くの方がこの様な苦しみから解放される事を切に願います。
オステオパシー内田治療院

院長 内田 好治

当院ホームページ
お問合せucchi_o@icloud.com

☎︎022-281-9605