最近よくオステオパシーは何に対して効果があるの?
この質問よく聞かれます
一言で言えば何でも大丈夫です^_^
一応、禁忌の物も有りますが基本的には身体に起こる全てのものに対応出来ます。
腰痛一つとっても原因は様々で内臓からくるものもあれば骨格の歪みからの物もあれば心の状態からくるものもあります
最近の例だと、『甲状腺』
これは内分泌系なので考え方としては下垂体の働きはどうか→下垂体は自律神経の中枢である
視床下部の室傍核からの神経の伝達を受けるのでその信号はうまく伝わっているのか?
これら解剖生理学的な基礎知識の元で患者さんの身体にコンタクトさせて頂き
そのどこの箇所で問題が起きているのかを手で感じ取り治療を行います
又『肩コリ』ですが
先日診させて頂いた患者さんは中枢神経系の過度な緊張により小腸の働きが悪くなった事で
余分な物が腸内にとどまりその結果
大腰筋などに腸内からの質の悪い血液が吸収されるようなかたちとなり
その血液が全身を流れる事で肩コリを誘発していると患者さんの身体から教えられました。
患者さんの身体が喋るわけではないですよ、
私達術者の訓練された手で感じ取るので誤解しないで下さいね^_^
と、まぁそんな感じで本当の原因を教えて貰いながら身体を診させて頂きますので
何かご自分の身体の事で悩まれている方はオステオパシーがお役に立てるかも知れませんので
一人で悩まずご相談頂ければ幸いです。
オステオパシー内田治療院
院長 内田 好治
当院ホームページ