2月21日(金曜日)
良く患者様から、『先生、私の背骨歪んでるでしょ』
と、聞かれます。
勿論、歪んでるよりかは真っ直ぐの方が良いのですが
それよりも大切な事は背骨に限らずお身体に弾力性があるかどうかが最も大切な事です。
仮に背骨が曲がっていてもその椎骨に弾力性があれば身体に悪さをする事はありません。
むしろ背骨が真っ直ぐでも弾力性が無ければ身体の何処かに悪さをしてる可能性が高いです。
又曲がっている椎骨を無理に真っ直ぐにしても又元に戻ります
何故ならばその椎骨は身体にとって曲がった方が良いから曲がっているのです。
それを無理に戻しても正常な位置にとどまる事はありませんよね。
身体はバランスが大事であり、弾力性の無い椎骨から出ている神経が身体の何処に悪さをしていて、
何処を施術する事により弾力性が回復するのかを我々術者は見つけなければなりません。
それが正しければ曲がっていた椎骨は正常な位置に戻っている筈です。
背骨を真っ直ぐにする事が重要なのではなく
足の先から頭の先まで、身体全体に弾力性が回復されたかどうかが最も大切な事なのです!
オステオパシーでは腰が痛いから腰椎を緩めるのではなく
腰椎が硬くなった原因を治療する事により腰椎に弾力性が回復し腰痛が楽になるのです。
内田指圧治療院 オステオパシー施術所
院長 内田 好治