宮城 仙台の小児オステオパシー内田治療院

治療事例

これまでの治療事例

症例:労作性頭痛

症状
労作性頭痛

年齢・性別
30代/男性

原因
蝶形後頭軟骨結合(SBS)の歪み 

施術方法
仙骨、側頭骨を誇張法にて解放
全体の体液のバランスと質感を調節して終了

結果
上顎骨の歪みが軸上にあるSBSの捻じれを生じさせ、その結果自律神経や脳脊髄液の循環が悪くなった事によるものと思われる。
1度目の治療の数日後メールで連絡があり、夜フットサルをしても全く頭痛が起きなかったとの報告を受ける。
又運動前チョコレートを食べるとその後必ず頭痛がおきていたので試しにチョコレートを食べてフットサルをしてみても頭痛はおこらなかったと連絡を頂いた。

症例 2:子宮中等度異形成

症状
子宮中等度異形成

年齢・性別
30/女性

原因
学生時代の右足首捻挫、左仙腸関節ブロック、正中仙骨稜の歪み

施術方法
右足首、胸椎腰椎移行部、側頭骨を解放
仙骨から骨盤隔膜の捻じれを解放

結果
学生時代の右足首捻挫の後遺症が自然と左側重心を作り、その結果左仙腸関節がブロックされ頭蓋と仙骨の動きのリズムが悪くなった事で骨盤内臓に対して栄養の供給が不十分になったことが大きな要因と考えられる。
その後月に一度当院でのオステオパシー治療を受け半年に一度大学病院で定期健診をうける。
治療を開始して半年を過ぎての定期健診で中等度から軽度に変化。
約1年後には異常はみられないので大学病院ではなく自宅近くの総合病院を紹介され現在も異常なしとの診断を受けている。
この患者さんの場合定期的に治療を受けた事と私生活全般を改善した努力が大きいと思われる。

症例 3:右下肢大腿後面の痛み、歩行困難

症状
右下肢大腿後面の痛み、歩行困難、妊娠4ヵ月

年齢・性別
20代/女性

原因
妊娠による女性ホルモン(リラキシン)の分泌により骨盤の靭帯、軟部組織の弛緩、右足首軸圧のずれ

施術方法
妊娠4ヶ月と大事な時期なので、細心の注意を払いながら治療を進めて行く
先ず、右足首の軸圧の調整を行い骨盤の安定性をはかる
次に頭蓋に意識が惹かれる、SBSの軸圧のバランスをとり下垂体の位置を安定させる
身体全体の体液のバランス、質感を調節して終了

結果
治療後、歩行可能となるがまだ痛みは少し残る。
その2日後に症状が完全に消失したとの報告を受ける。その2週間後の2回目の治療を施し治療はこれで終了となる。

PAGETOP
© 2015 koji uchida All Rights Reserved.