1月24日(金)
患者様のお身体を診ているとたまに
トラウマの反応のある方がいらっしゃいます。
トラウマとは「心の傷」
この間知人の子供が突然隣に座っているお友達に噛まれて怪我をしたという話を聞いた。
その話を聞いた時直ぐに私はその子が生まれる前の母親の心の状態が気になった。
何故ならば母親の感情的な反応がそうさせていると思ったからである。
妊娠中の女性で、自分や旦那さんの想念が胎内の子供に影響を与える事を知っている人は少ないと思います。
妊娠中に様々な不安的な要素を考えるのはごく自然な事だと思います
しかし妊娠中に深刻な精神的・感情的トラウマに耐えた事のある親は
その結果生じた否定的な想念が胎児のからだに根を作り
生まれた後、身体的・心理的症状を呈する場合がある事を知っておいて欲しいのです。
その様な子供の場合、オステオパシーは最も有効で、トラウマにより起こっている症状を手技により取り除き徐々に改善していきます。
又、現在妊娠中だけれども離婚問題、身内の不幸により極度に悲しい気持ち等と言う時にお勧めの曲が有るので是非聴いてみてください。

マザーグースの子守歌の中にある
「ロッカ・バイ・ベイビー」
この曲は子供の生命力のリズムを回復するのに役立つそうです。
是非、心安らかに元気なお子様が生まれますよう参考になさって下さい。
内田指圧治療院 オステオパシー施術所
院長 内田 好治